相続対策・節税対策

相続対策・節税対策は事前に行わなければ意味がありません。
やるべき時は「今」です。

多くの土地建物を所有するお客様にとっては相続対策は避けては通れない問題です。資産は、様々なリスクを考えると不動産・有価証券・預金などをバランス良く保有することが望ましいと言われていますが、日本での平均的な相続 財産は不動産が多くの割合を占めています。

相続対策には大きく分けて3つの対策があります。

1.遺産分割対策

遺産分割とは簡単に言ってしまうと、相続を受ける人が何人いて、誰がどの財産をどれだけ受けるかということです。
しかし、受け取る側から考えると、自分が受ける財産はどの財産(土地等)でも良いとは必ずしも思いません。
値上がりが期待できる財産、換金性が高い財産、収益が上がる(見込める)財産の方が良いと考えるのは当然だと思います。


ご家族のために残す財産は、中長期的視点から残すものと、整理するものを決めて、一部は売却して納税資金として残す事も大切です。
長和不動産では、不動産の的確な現状分析を行い、お客様それぞれの問題点を把握して、より良いご提案をいたします。
また、残された家族間で争う「争族」にならないように遺言書を作成することをお勧めします。
遺言書には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」があります。 


長和不動産提携の行政書士・司法書士・弁護士により、ご相談から遺言書の作成まで安心してお任せ頂けます。

2.節税対策

遊休土地を有効利用(駐車場、賃貸マンション等)して、土地評価額を減額し、借入金(建設資金)を相殺することによる節税効果は高いと言えます。
貸付地や賃貸住宅による収入は、納税資金の確保にもつながります。
ただし、デメリットとして、計画が悪いと入居者が集まらなかったり、借入金と利息の返済が予定通り行かないこともあります。
そこに専門家である長和不動産の力が発揮されます。綿密な市場調査から最適なプランを提案し、責任を持って事業運営をサポート致します。

3.納税資金対策

不動産を多く所有しているが、借入額も多く預金が少ない方が少なくありません。
前述の所有不動産の整理、土地の有効利用を提案し、相続が発生した場合の納税資金を蓄えます。また、思うように収益が上がらない収益不動産をご所有の場合は、入居率アップの為の提案等をさせて頂きます。

相続対策は事前に行うものであり、事後対策ではありません。対策期間が長ければより有効な対策が立てられ 、大きな効果を生みます。相続には、様々なケースが有りそれぞれのケースに対応することが必要です。



お問い合わせ

建てたい

  •  不動産売却をお考えの方

    ▶不動産売却をお考えの方

  •  売却の実績

    ▶ 売却の実績

  •  査定依頼【無料】

    ▶査定依頼【無料】

  • 買取のメリット・デメリット

    ▶買取のメリット・デメリット

  • Suumo掲載中

    スーモ掲載中

  • フェイスブック

    Facebook