空き家・空き地を所有することで発生するリスク

手付かずで放置している空き家・空き地はございませんか?
放置しているとこのようなトラブルが心配されます!!


空き家をそのまま放置しておくと、所有者ご自身だけでなく、近隣住民の方にも迷惑をかけてしまう可能性があります。誰も住んでいないお家の老朽化は、想像以上に進行が早く、時期によっては庭の木や草はすくすく成長してしまいます。また、相続等で子や孫世代に渡った際には、近隣の方とのトラブルになるリスクは高くなってしまいます。子や孫にトラブルを残さないために、早めの対処が必要です。
空き家・空き地が社会問題化している原因は、きちんと管理されていない空き家・空き地自体の危険性よりも、周辺環境に悪影響を及ぼしてしまうからなのです。

●不審火による火災

放火や自然発火などによる空き家の火災は、発見が遅れることが多く、隣家を巻き込む大火災になる可能性が高くなります。燃えやすい物(枯草やゴミ、不法投棄など)の散乱や管理されていない家屋が放火の標的になりやすいと言われています。

●倒壊(自然災害)

誰も住んでいない木造建物は、通気や換気がされず劣化が早いと言われています。特に昭和56年以前に建てられた建物は、耐震性が大きく不足している可能性があり、もしもの際には、隣地も巻き込んでしまう可能性もあります。換気不足による湿気や雨漏りなどによって、気づかないうちに建物の劣化が進んでいる傾向があります。

●不審者の侵入

不法侵入や不法投棄などの犯罪に利用される懸念があり、地域の治安を著しく悪化させる恐れがあります。誰も通っている様子のない家屋は不審者に狙われやすく、ネズミや猫などの害獣が住みついてしまうケースも・・・。

●景観悪化

景観を破壊する空き家・空き地とは、建物は老朽化し、庭の草木が伸び放題だったり、壁に落書きをされても気づかなかったり、もう長い間、人が足を踏み入れていないようなものです。雑草が生い茂り、害虫が発生したり、景観の悪化、不法投棄、不審車両の侵入など、場合によっては事件や事故を引き起こすことも。

●害虫発生

空き家を適切に管理せず、そのまま放置してしまうことで生まれる被害は数知れず。その中でも、周囲に悪影響を与える被害が害虫発生被害です。手入れのされていない空き家は害虫・害獣の棲み家になりやすく、その家屋から近隣住宅へも移動してしまい、トラブルを引き起こすことも少なくありません。

●倒木

庭の木の管理ができずに伸び放題になることで、木や枝が折れ、隣家や車を破損させたり、通行人にケガをさせる可能性が高くなります。また、白アリ発生の原因にもなりかねません。

●不動産価値の低下

家は人が居住しなければどんどん劣化・老朽化し、資産価値も下がってしまいます。資産価値が低下してしまうと売却するにも価格が下がり、賃貸で貸すにしても多額の修繕費用がかかってしまいます。



空家対策特別措置法

ご存知の方も多いとは思いますが、空き家のまま放置しておくと、空家対策特別措置法により、「特定空家」に指定されてしまう可能性がございます。

空家対策特別措置法とは

空家特別対策措置法は平成27年5月26日に全面施行となりました。全く管理がされておらず、倒壊の恐れや衛生上問題のある空家を「特定空家」と指定し、空家の所有者に対して、市町村が撤去や修繕を勧告・命令できることになりました。勧告を受けると、固定資産税の優遇措置(家屋があれば土地の固定資産税を更地の場合よりも最大6分の1にする措置)が受けられなくなり、固定資産税などが最大6倍にまで跳ね上がることになります。

実際に、トタン屋根が錆び、住宅の構造も老朽化して崩れ、道路側に草木や木材等が飛散している状態で、倒壊の恐れがあり、著しく危険な状態と判断され、「特定空家」と認定された空家がありました。
市町村は、「公告」という形で、「特定空家」と認定した住宅について「1ヶ月以内に除却(解体)するよう命じる」こと、「除却されない場合は、市町村で除却する」旨を公報やホ―ムページに掲載するなどして通知した上で、所有者が現れなかったため、1ヶ月後に市町村により解体等が行われた事例もありました。


なお、所有者が、勧告または命令の内容を実施し、その勧告または命令が撤回された場合、固定資産税等の住宅用地特例の要件を満たす家屋の敷地は、再び特例が適用されます。

早めの対応がトラブルを回避する!

空き家・空き地を所有されている方の多くが、近隣への迷惑や管理の負担、また税金の負担などの悩みから現状を改善し、家や土地を活用して収入を得たいと考えておられるのではないでしょうか。しかし、どのような活用方法があるのか?誰に相談したらよいのか?などと思案されつつもトータルで相談できるパートナーを見つけることは難しいことでしょう。わたしたちは、売却だけに留まらず、修繕・活用・管理などの相談も含め不動産に関するさまざまな相談をトータルにサポートさせていただいております。

トラブルを未然に防ぐための空き地・空き家の管理サービスを行っています。面倒な掃除や空気の入れ替え等により、お客様の資産をお守りします。お気軽にお問い合わせください。

また、相続した親の空家をお持ちでお困りの方は、空き家の活用・売却処分についてベストな選択をご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。




売りたい

  • 説明画像

    不動産売却をご検討中の皆様へ

    売却はいろいろと不安もあると思いますが、私どもが全力でサポートいたします。売主様、買主様双方が安心・安全にお取引して頂けることをお約束いたします。査定依頼や売却のご相談などお気軽にお問い合わせください。

  • 説明画像

    無料査定をご希望の方はこちらから

    ☑まずは簡易査定をしてほしい
    ☑とにかく急いで売却したい
    ☑訪問査定をしてほしい
    ☑来店の予約をしたい
    ☑近所に知られずに売却したい
    ☑家族に知られずに売却したい
    などお気軽にお問い合わせください。

  •  長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

    長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

  • Suumo掲載中

    スーモ掲載中

  • 画像リンク

    アットホーム掲載中

  • フェイスブック

    Facebook

  • Instagram

    インスタグラム

  • 画像リンク

    LINE公式アカウント