空き家の活用・売却処分

空き家も空き地も大事な資産です。

空き家をお持ちでお困りではありませんか?

空き家も空き地も大事な資産です。

しかし、空き家は「負動産」「腐動産」にもなりかねません。持ち家に住まなくなったら、売却する・空き家として維持する・賃貸に出すといった選択肢から状況に合った手段を選ぶことになります。将来、実家に住む可能性があるかどうかによって対処方法が異なりますので、将来的に実家に住む可能性がない場合は、活用方法も含め、弊社にお気軽にご相談ください。

放置しているとこのようなトラブルが心配されます

空き家・空き地を所有することで発生するリスク

空き家を適切に管理せず、そのまま放置してしまうことで生まれる被害は数知れず。庭の木の管理ができずに伸び放題になることで木や枝が折れ、隣家や車を破損させたり、通行人にケガをさせる可能性が高くなります。白アリ発生の原因にもなりかねません。そのほか、周囲に悪影響を与える被害が害虫発生被害は、その家屋から近隣住宅へも移動してしまい、トラブルを引き起こすことも少なくありません。家は人が居住しなければどんどん劣化・老朽化し、資産価値も下がってしまいます。資産価値が低下してしまうと売却するにも価格が下がり、賃貸で貸すにしても多額の修繕費用がかかってしまいます。

選択肢 その①

▼将来、実家に住む可能性がある場合の選択肢
 リフォームして子どもの誰かが住むまたは、リフォームをして期限付きで賃貸に出す 

建物の老朽化が進んでいたりすると、売りたくても売れない、貸したくても貸せない。という状態になりかねません。荒れた庭をきれいにし、家財を処分し、リフォームを実施して商品として価値を持たせることで、ようやく売却・貸せる不動産となるのです。将来自分が住むつもりというのであれば「定期借家契約」(契約で定めた賃貸期間が終了すると借家契約も終了し、借家人は退去しなければならないとする契約)をしておけば、期間満了時には確実に明け渡しを受けることができますので安心です。不動産としての価値を維持し、資産活用価値が高くなるリフォームをご提案いたします。

 コストをかけて維持管理をする 
家を閉め切ったままにしておくと、室内の空気が淀んで湿気がこもるため、カビが発生したり木部が腐食し白あり被害が発生するなど建物の構造に大きな影響が出てきます。 また長期間、水道水を使用しないまま放置されますと、排水管のトラップ部分に水がなくなるために、悪臭や害虫などの発生の原因になります。 長期間の放置は、お家にとってよくないことが多く、皆様の大切なお家の資産価値を下げる原因になってしまいます。
いつかはご自宅に戻ってきたい、今すぐではないけれどいつかは売却をして資産にしたい、という時に備えた管理が必要です。家屋をしっかり管理していなければ、住むことはおろか売却でさえ難しくなるでしょう。ご近所に空き家・空き地の管理を頼める身内がいない、遠方に住んでいてなかなか様子を確認することができないといったお悩みを抱えるあなたに代わって、大切な家屋をしっかりとお守りします。

選択肢 その②

▼将来、実家に住む可能性がない場合の選択肢
 売却(処分)してお金に換える 

どんなに古い空き家でもあなたの大切な資産です。しかし、空き家の適正な維持管理を行う事が困難で、今後住む予定がない場合は、売却の検討が一番最初の選択肢として頭に浮かぶのではないでしょうか。

今後も空き家のままで、ご家族の誰も住まないのであれば、売ってしまって現金に換える、というのが一番スッキリする方法かもしれません。売却をすれば管理の必要も無くなり、空き家を所有している事で生じる煩わしい事柄がほとんど解決します。空家をリフォームせずそのままの状態で売却するのか、一部リフォームしたほうが売るのに有利なのか、古家付き土地で売り出すのか、建物を解体し更地にして売るほうがいいのかなど、少しでも高く売りたい方、手間やお金をかけたくない方、様々なご要望をお伺いしながら、適切なアドバイスをさせていただきご売却のお手伝いいたします。両親が老人ホームに入所するなどの理由で家に住まなくなった場合、3年が一つの目途となります。住まなくなって3年以内であれば「居住用財産の売却」とされるため、3000万円までの譲渡所得が非課税となります。
「簡単な無料査定だけでもしてほしい」「話だけ聞いてみたい」という方、ご相談の目的がご所有の不動産に関することであれば何でも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

 当面の間、維持管理をする 
家を閉め切ったままにしておくと、室内の空気が淀んで湿気がこもるため、カビが発生したり木部が腐食し白あり被害が発生するなど建物の構造に大きな影響が出てきます。 また長期間、水道水を使用しないまま放置されますと、排水管のトラップ部分に水がなくなるために、悪臭や害虫などの発生の原因になります。 長期間の放置は、お家にとってよくないことが多く、皆様の大切なお家の資産価値を下げる原因になってしまいます。
今すぐではないけれどいつかは売却をして資産にしたい、という時に備えた管理が必要です。家屋をしっかり管理していなければ、住むことはおろか売却でさえ難しくなるでしょう。ご近所に空き家の管理を頼める身内がいない、遠方に住んでいてなかなか様子を確認することができないといったお悩みを抱えるあなたに代わって、大切な家屋をしっかりとお守りします。

 賃貸に出して家賃収入を得る 
せっかくの不動産という資産を活用するというのであれば「賃貸として貸す」と言うのも手です。賃貸に出す場合は、賃貸相場、賃貸需要があるかどうか、リフォームが必要かどうか、また、立地や建物の状態によっては貸せなかったり、何年もそのままの状態になる可能性もある場合がありますのでまずはご相談ください。

まずはお気軽にご相談ください。
TEL: 084-952-0015

必要に応じ、各専門家と提携しスムーズな土地・建物のご活用・運用をバックアップいたします。
また、相続のことで専門家に相談されたい方は、弊社が専門家をご紹介いたします。

■安心・安全  ■秘密厳守  ■無料相談  ■迅速対応 

不動産の持分を共有で持っている場合、売却はもちろんのこと賃貸に出したり賃貸を解除したり等の行為をする場合は、共有者の同意が必要になってきます。すんなり同意をしてくれるのであれば容易ですが、出してもらえない場合、共有者でモメる可能性があります。また、相続人が複数存在し、その相続人のどなたかが亡くなっていたり、所在が不明になったりすると話はまとまりにくくなり、売却不可能となってしまうこともあります。


相続発生時の不動産を原因に相続人が争わないためにも、不動産業者、弁護士、司法書士、税理士等の専門家が、情報を共有のもと進めていくことが大切です。弊社ではお客様に必要な専門家を無料でご紹介し、依頼者や相談者にとってなにが必要であるかをコーディネートいたします。煩雑で面倒な手続き、手配などは、弊社がお客様に専門家をご紹介いたします。弊社は「専門家」と「お客様」の仲介をさせていただきますので、代金はお客様が直接「専門家」へお支払いください。弊社がお客様から報酬をいただくことはございません。お気軽にご相談ください。

空き地の活用・売却処分

空き地をお持ちでお困りではありませんか?

遊休地にしておくにはもったいない土地活用

相続等で土地を取得し、固定資産税を支払っているだけの寝ている土地があるなら活用を検討してみてもいいでしょう。空き地を活用する場合でも、不動産の特徴をしっかり把握し、適切な選択をしないと損をしてしまう可能性もあります。弊社では、それぞれの物件に合った活用方法を様々な視点でアドバイス、お客様にベストな選択をご提案し有益なサポートをさせていただきます。活用も売却も何でもご相談ください。

空き地の活用・売却処分へ▶▶▶

空き家・空き地の管理サービス

お客様に代わって空き家・空き地を管理いたします。

☑ずっと閉め切ったままで放置しているから湿気やカビが心配

☑不審者が出入りしてないかな・・・
☑ポストに郵便物やチラシが溜まってると思うんだけど・・・
☑庭の木や草がご近所に迷惑をかけていないかな・・・
☑雨漏りは大丈夫かな・・・

売却だけに留まらず、修繕・活用・管理などの相談も含め不動産に関するさまざまな相談をトータルにサポートさせていただいております。空き家のまま放置されれば、防犯・防災などさまざまな問題の発生だけでなく、お家の資産価値を下げる原因にもなりますので、後々の大切な資産を守るためにも、長和不動産の空き家・空き地管理サービスをご利用ください。

空き家・空き地の管理サービスへ▶▶▶

空き家・空き地を所有することで発生するリスク

手付かずで放置している空き家・空き地はございませんか?
放置しているとこのようなトラブルが心配されます!!


空き家をそのまま放置しておくと、所有者ご自身だけでなく、近隣住民の方にも迷惑をかけてしまう可能性があります。誰も住んでいないお家の老朽化は、想像以上に進行が早く、時期によっては庭の木や草はすくすく成長してしまいます。また、相続等で子や孫世代に渡った際には、近隣の方とのトラブルになるリスクは高くなってしまいます。子や孫にトラブルを残さないために、早めの対処が必要です。

空き家・空き地を所有することで発生するリスクへ▶▶▶


  • 賃貸物件

    賃貸物件あります。お気軽にお問い合わせください。

歳を重ねても暮らしやすい住まいのご提案

  • 不動産を売る

    売却に関するご相談は長和不動産へ

  • 空き家・空き地の問題解決は長和不動産へ

    空き家・空き地の問題解決は長和不動産へ

  • 画像リンク

    無料査定をご希望の方はこちらから

  •  長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

    長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

  • Suumo掲載中

    スーモ掲載中

  • フェイスブック

    Facebook

  • Instagram

    インスタグラム

  • 画像リンク

    LINE公式アカウント