不動産売却にかかる費用

不動産のご売却にかかる「諸費用」についてご説明します。各費用の金額については物件・ケースごとに異なりますので、お気軽にお尋ねください。

印紙代(国税) 租税特別措置法により、不動産の譲渡に関する契約書について、印紙税の軽減措置が講じられ、税率が引き下げられています。その概要等は次のとおりです。軽減措置の対象となる契約書は、不動産の譲渡に関する契約書のうち、記載金額が10万円を超えるもので、平成26年4月1日から令和4年3月31日までの間に作成されるものになります。

契約書に添付します 契約金額が500 万超~1,000 万円以下 → 5,000円
契約金額が1,000 万超~5,000 万円以下 → 10,000 円(軽減特例の金額)
契約金額が5,000 万超~1 億円以下 → 30,000 円(軽減特例の金額)
登記費用 抵当権抹消費用・住所変更登記・司法書士手数料などです。
仲介手数料 不動産会社に支払う報酬です。物件価格によって割合が違います。(別途消費税がかかります)
【物件価格】
■0~200万円以下  :物件価格×5%×消費税
■200万超~400以下:物件価格×4%+2万×消費税
■400万超~      :物件価格×3%+6万×消費税
譲渡所得税 ・住民税 売却により譲渡益が生じた場合、その利益に課税されます。
(軽減措置が受けられるケースがあります。)
建物・設備等の 解体撤去費 古家や倉庫などがあり、更地にして引渡す条件の場合。
エアコンやソーラーシステムの撤去条件がある場合。
境界設置費用 ・測量費用 敷地の境界がはっきりせず、境界の設置が必要な場合。境界が不明確な状態で売却は困難となります。土地を分割売りする際は、分筆登記費用が必要です。
増築した場合や昔の建物で未登記の場合、売主様で登記を行う必要があります。登記には費用がかかります。

売りたい

  • 説明画像

    不動産売却をご検討中の皆様へ

    売却はいろいろと不安もあると思いますが、私どもが全力でサポートいたします。売主様、買主様双方が安心・安全にお取引して頂けることをお約束いたします。査定依頼や売却のご相談などお気軽にお問い合わせください。

  • 説明画像

    無料査定をご希望の方はこちらから

    ☑まずは簡易査定をしてほしい
    ☑とにかく急いで売却したい
    ☑訪問査定をしてほしい
    ☑来店の予約をしたい
    ☑近所に知られずに売却したい
    ☑家族に知られずに売却したい
    などお気軽にお問い合わせください。

  •  長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

    長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

  • Suumo掲載中

    スーモ掲載中

  • 画像リンク

    アットホーム掲載中

  • フェイスブック

    Facebook

  • Instagram

    インスタグラム

  • 画像リンク

    LINE公式アカウント