中古住宅売却必勝法

大切な不動産をお預かりさせていただくのですから、少しでも高く・早く売却できるよう長年の経験をもとにアドバイスさせていただきます。「買ってよかったと言われたい」「少しでも気持ちよい取引にしたい」というような気持ちで売却に臨むことが大切です。そうすれば必ずうまくいきます。今回は、居住中のまま売却をお考えの方虎の巻をご紹介いたします。

◆◇◆ 虎の巻 1⃣ ◆◇◆

価格の決定
少しでも高く、早く売りたいのは売主様の心情です。しかし市場の相場と比較してあまり高すぎる物件はなかなか購入希望者からの問合せがありません。取引事例などを参考に現在の市場に応じた適正価格設定することが早期売却につながります。
高めの価格からスタートし、状況に応じて価格を下げていく等の方法は売出物件としての鮮度が落ちでしまうことがあります。

◆◇◆ 虎の巻 2⃣ ◆◇◆

クリーニング・メンテナンス
価格が決まったら、いつ購入希望者が見に来てもいいように普段から家の中をキレイにしておくようココロがけましょう。そうすれば購入希望者により良い印象を与えることができます。また、全ての部屋の電気をつけて明るさを演出しましょう。特に玄関は整理整頓されていると良い印象をあたえることができます。花を飾ったりしても良いかもしれません。靴などは下駄箱にしまい広く見せる演出も大事かも。
早期売却の近道になる今すぐできる最も効果的な事・・・、
ズバリ!“物件の見栄えを良くする”ことです。

通常、買い手のお客様は夢や希望を持って物件を見学に来られますので、生活感をあまり出さないように気をつける事が大切です。どんなに安い値段設定をしても、台所は油でギトギト・浴室はカビだらけ・壁はシールだらけなどでは、買い手のお客様の夢が広がりませんよね。大変なご負担になるかもしれませんが、できる限りのお掃除をお願いします。少しでも広く明るく見えるように、不要な物の処分をお願いします。本当にこれだけで物件の印象が大きく変わってきます。結果的には、物件の売れる価格・期間が変わるのです。築年数が古くても、お手入れされている物件は、買い手側に気持ちの良い印象を与えます。

◎費用をかけずに掃除・整理をする場合◎

玄関・・・玄関は「家の顔」ですので、しっかりと掃除をして最初の印象を良くすることが大切です。玄関内にたくさんの靴を放置しておくことは印象を悪くしますので、下駄箱に収納しておきましょう。置いてある靴は向きを揃えておきましょう。

水周り・・・特にキッチンや浴室などの水周りはしっかりチェックされています。キッチンの油汚れはキレイに拭取りましょう。浴室は目地の汚れやカビの除去、匂いや湿気にも注意して換気扇を回しておきましょう。

照明・窓ガラス・・・お部屋を明るくする為に、汚れている照明を掃除したり、古くて照度の落ちている蛍光灯を取替えれば、室内はパッと明るくなります。(お客様をご案内する際には全ての照明をつけておく事が基本です)
窓ガラスも、雑巾でひと拭きするだけで印象は違います。お客様が室内からの景色を見る際に、窓ガラスが汚れていては台無しですよね。さらにスイッチの手あか等の汚れも、ちょっとした事ですがお客様はしっかりチェックされてますので、お掃除しておきましょう。

障子・ふすま・・・
お子様がいるご家庭では、どうしても障子に穴が空いたり、破れたりするものです。ご自分で補修することも可能ですし、それほど費用もかかりませんので、ぜひ補修しておきましょう。

・・・
お庭に不要な物や粗大ゴミ等が置きっぱなしになっているのは、大きなマイナス印象になります。雑草などが生い茂ったままで、手入れをしていないお庭も草取りをしておいたほうが良いでしょう。家の外壁がコケなどで非常に汚れていたら、気になる箇所を清掃してみましょう。

◎プチリフォームして売り出す場合◎

以前、長和不動産で仲介した築32年の中古住宅がありました。他業者で半年間売れなかったため、長和不動産にも一般媒介契約で売却依頼をいただきました。現地を拝見しましたところ、今まで特にリフォームをしていなかったためいろいろな箇所が傷んでいました。障子やふすまが破れている ウォシュレットが壊れたまま クロスが剥がれている 浴室のタイルに割れや隙間がある 換気扇が油まみれ 床がフワフワする箇所がある キッチンの蛇口がグラグラしている お庭の草木が伸び放題 そこで、約50万円をかけてリフォームをして売出したところ、たちまち売れてしまったのです。 結果としてリフォームに約50万円かかってしまいましたが、売主様には満足していただける価格と期限内で売却することができました。
早期売却あるいは高く売却するためには、やはり第一印象がとても大事なのです。少しでも綺麗にしてお客様に見ていただいた方がよりベストであるということが言えるでしょう。どうしようか迷ったら、担当スタッフに相談してみましょう。買いたくなる不動産を創造することが大切です。 ただ単にリフォームをすれば良いわけではないので、ご要望がございましたら、成功事例に基づいた費用対効果の高い的確なご提案をいたします。

リフォーム承ります。お見積りは無料です。

長和不動産では安心価格にて住宅リフォームも行っています。「リフォームをしたいがどこに頼んだらいいかわからない」「費用はどのくらいかかるの」そんな時はぜひ長和不動産へご相談ください。お見積もりは無料です。

リフォーム事例はコチラ

リフォームのご提案

◆◇◆ 虎の巻 3⃣ ◆◇◆

過度のアピールは逆効果
購入希望者の方をご案内した際、無愛想は困りますが、逆にお客様にくっついてご自宅のアピールをすることはかえって逆効果になることがあります。質問されたことに対して、正直に応えて差し上げるのがポイントです。お客様は購入を考えて見に来ているのですから、見れない箇所があるのも困ります。「押し入れは開けないで・・・。」「その部屋はちょっと・・・。」など売主様の御都合で見れない部屋がある事態は避けたほうがベターです。

◆◇◆ 虎の巻 4⃣ ◆◇◆

買主様との条件交渉
売主様の希望する売出価格や引渡条件などがそのまま買主様の意向と一致するとは限りません。多少なりとも条件交渉が有るのが現実です。ご案内の際、直接交渉を口にするお客様もいらっしゃいますが、その場での回答は控えて下さい。軽はずみな回答は後々トラブルの原因となることもあります。
私どもは双方の立場でフェアな交渉を心がけておりますので安心してください。

◆◇◆ 虎の巻 5⃣ ◆◇◆

オープンハウス
居住中の物件は、売主様に気兼ねしてせっかくの購入希望者も家の中を十分に見ないで短時間の案内で帰ってしまう人も結構いるのです。

短時間で効率よく売却するには、オープンハウスを開催してじっくりと見ていただくというのも1つの方法です。

◆◇◆ 虎の巻 6⃣ ◆◇◆

公開先に立たず
売却スタート後すぐに購入希望者の反響が来ることがあります。ここで「まだ売出たばかりだから・・・」「もっと高く売れるのでは・・・」と思うのが売主様の心情でしょう。住まいを探している買主様は新しい情報に敏感です。結局結論が出せず「あの時決めていれば・・・」と後悔することも結構多いです。

私たちのアドバイスをお聞きになり、冷静に判断されることが結果的に好条件で早期売却につながります。

◆◇◆ 虎の巻 7⃣ ◆◇◆

油断は禁物!早めに決定!!
購入希望者からの申込があり、条件交渉も折り合いがつけば一安心ですが、油断は禁物です。これから契約までが非常に重要な時間なのです。時間を空けすぎると買主様の気が変わってしまわれたりせっかくまとまった話や条件が変わってしまうこともあります。
契約日など極力買主様の御都合に合わせて早めの契約を心がけましょう。

弊社の経験豊富なノウハウで親切丁寧に皆様の住み替えを応援いたします。



  • 賃貸物件

    賃貸物件あります。お気軽にお問い合わせください。

高気密・高断熱住宅『ファースの家』

  • 不動産を売る

    売却に関するご相談は長和不動産へ

  • 空き家・空き地の問題解決は長和不動産へ

    空き家・空き地の問題解決は長和不動産へ

  • 画像リンク

    無料査定をご希望の方はこちらから

  •  長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

    長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

  • フェイスブック

    Facebook

  • Instagram

    インスタグラム