定年後の住み替えをご検討中の方

今のお住まいは、夏涼しく、冬暖かいですか?

現在戸建住宅にお住まいの方

築古の住宅では、気密性・断熱性の点で問題がある場合も多く、浴室や脱衣場、真冬の夜中のトイレなど、住宅内の温度差によって起きるヒートショックのリスクが高くなります。1階に台所、応接室、和室、2階に子ども部屋があるような約40坪のお宅ですと、家中どの部屋も温度差なく暖かく住めるように断熱リフォームするには多額の費用がかかります。

そこで私たちは、お話をしっかりと伺ったうえで、予算に応じてコンパクトな高性能住宅の平屋新築一戸建ての提案や、内窓をつけて二重窓にしたり、換気の計画、床や天井に断熱材を施工するなど、室内の寒暖差をなくすよう空気のバリアフリー空間へのリフォームを提案しています。

現在マンションにお住まいの方

冷房や暖房をすると結露を起こします。北側の部屋の結露がひどいと感じていませんか?マンションで結露が起こりやすいのは気密性が高いからです。しかし、サッシのレールから外気が出入りするため、本来ある換気の計画が成り立たたず、空気の流れがなくなるため結露が発生しやすい環境となります。窓を開けて換気、換気扇を使って換気することが結露防止に効果的となりますが、寒い季節は冷たい空気が入り込んでしまうため室内が冷え込み、暖房の効率も下がってしまいます。

ガスコンロのマンションの場合、年を重ね火の元が心配になってIHクッキングヒーターへ取り替えをしようと思っても難しいとのこと。(電気の量が足りない)現在、マンションは高値で取引されています。結露が起こりにくく、断熱・気密性、換気の計画の出来る高性能住宅へ住み替えを検討されてみてはいかがでしょうか。

冬場のヒートショック、夏場の熱中症の恐怖

家族を守ってくれるはずの家が逆に家族の健康を脅かす。
家に潜む健康へのリスクとは。

冬場、暖房をかけたリビングから、廊下や洗面所へ行きあまりの寒さに身震いしたという経験を持つ方は多いでしょう。この極端な室内の温度差は、ヒートショックと呼ばれ、血圧を乱高下させたり脈拍を変動させたりし、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な疾患を引き起こすことにつながりますと言われています。


寒さにより体温が1℃下がると、免疫力が30%低下し病気になりやすいことも証明されています。家庭内で高齢者が死亡する原因の第1位が「ヒートショック」と言われており、寒い家の健康リスクについては、多くの専門家が警鐘を鳴らしています。

また、寒い家の危険性だけでなく、夏場の熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者であると言われています。熱中症と言えば、炎天下での発生と思われるかもしれませんが、高齢者の場合、発生場所は住居となっています。


家の中の温度差から生まれるヒートショックを防ぐためには、室内の温度差がない『空気のバリアフリー』化が重要です。

心身が元気なうちに早めのアクションを!

人生100年時代を健康に生きるために。
将来に備えた50代60代からの健康寿命を延ばす家づくり。

最近、50代からの新築・住み替えが増えてきています。
福山市内で住み替えをご検討中の方、長和不動産にご相談ください。


「住宅ローンも終盤にかかったのに新たにローンを組むなんて・・・。」「今さら家にお金をかけるのは無理」と思われる方もいらっしゃると思いますが、日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えました。そんな、人生100年時代の今、例えばあなたが今60歳なら、残り40年も冬寒く、夏暑い環境で我慢しますか?

人生100年時代に、寒い・暑いの生活で病気になってしまっては子どもたちへ負担が掛かります。健康寿命を延ばすことは本人の医療費負担の削減にもつながり、増え続ける社会保障費を若い世代に負担させることも削減できるでしょう。

心身が元気なうちに思い切ってアクションを起こすことをオススメします。高齢になって広い家を維持管理するのは体力的にきついし、セキュリティの面でも不安があるという方は、部屋数を減らしたコンパクトな住まいで新生活を始めるのもいいでしょう。最近は、70代・80代の方でも新築されます。

健康寿命を延ばすための家づくり・家選びは長和不動産へお気軽にお問い合わせください。60歳でも借り入れが可能ですので、詳しくはご相談くださいませ。


住み替えのメリット

まずはご相談ください。

■売却に関する質問
■住まいに関する質問
■住み替えに関する疑問・不安

査定のご依頼・ご相談などお気軽にお問い合わせください。
お客様の不動産を無料査定し、お客様ひとりひとりに合った売却プランをご提案させていただきます。

関連記事

定年後の住み替えをご検討中の方
歳を重ねても暮らしやすい住まいへ。住み替えのメリットとは。 
住まいを見直して、健康を維持する住み替え事例
暖かい家づくりは長和不動産にお任せください。
50代60代で「住み替える」「家を建てる」という選択肢
心身が健康なうちに早めのアクションを。“暖かい家で健康寿命を延ばそう” 
はじめての不動産売却。いくらで売れるの?【無料査定】
「簡単な無料査定だけでもしてほしい」「話だけ聞いてみたい」など、まずはお気軽にご相談ください。
長和不動産のワンストップサービス
住まいに関するお悩み、ひとつの窓口でお引き受けいたします。



  • 賃貸物件

    賃貸物件あります。お気軽にお問い合わせください。

歳を重ねても暮らしやすい住まいのご提案

  • 不動産を売る

    売却に関するご相談は長和不動産へ

  • 空き家・空き地の問題解決は長和不動産へ

    空き家・空き地の問題解決は長和不動産へ

  • 画像リンク

    無料査定をご希望の方はこちらから

  •  長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

    長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

  • Suumo掲載中

    スーモ掲載中

  • フェイスブック

    Facebook

  • Instagram

    インスタグラム

  • 画像リンク

    LINE公式アカウント