SDGs(エスディージーズ)の取り組み

SDGsとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」がニューヨーク国連本部にて開かれ、国連加盟国によって採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、17の目標と169のターゲットで構成されています。
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
長和不動産株式会社は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えます。現在も、事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらの解決に向けたサービス展開をしています。
引き続きこれら課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。

→■ 外務省 SDGs ホームページへ
長和不動産株式会社のSDGs達成に向けた取り組みは、外務省のホームページに、SDGs達成に取り組む企業として紹介されています。

SDGsへの取り組み

高性能住宅と断熱リフォームがもたらす効果
住まいは、住む人の健康だけではなく、自然環境にも大きな影響を与えています。
段差もなく手摺の確保など、ハード的なバリアフリーはもとより、家全体に温度差のない温熱的バリアフリーも重要な要素となります。断熱リフォームをすることにより、高齢になっても安心して暮らせることができます。
私たちは、住む人が快適で健康で前向きに暮らせる高性能住宅や断熱リフォームを提供しています。

長寿を心から喜ぶための住まいと健康のつながり
健康で理想的な老後を過ごすには、買い物や趣味・地域活動などの用事があり、車がなくても徒歩や自転車・公共交通機関でいつでも自由に出掛けられる環境が大前提。
そこに、夏涼しく、冬暖かい快適な自宅があれば、家族や友人も度々訪れてくれるでしょう。大勢の人と囲む食卓は、食欲も進み体調維持にも役立ちます。老後も健康に過ごすコツは、温度差の少ない空気のバリアフリー空間に住むことだと考え、高性能・健康住宅を普及推進させております。

ゼロ次予防のための健康住宅を普及啓発
昨今言われているヒートショック、熱中症の危険性は、低気密・断熱性能の問題であることが多く、これを築20、30年の既存の住宅で断熱リフォームしようとすると高額なコストがかかります。
シニア世代になり、高額な費用を払うよりも安価での断熱リフォームがしやすいマンションへの住み替え、コンパクトな高性能住宅への建て替え、住み替えを提案しています。

声掛け・見守りのできるコンパクトシティ
新しい団地では、住人同士が同じ年代で共働きも多く、昼間は留守も多くなりがちですが、古くからある団地では年代が様々であるため、高齢者による子どもたちの見守りを行うことができます。
空き地・空き家を有効活用することにより街が過疎化せず、若年層が移り住むことにより循環型の街づくりにつながり、高齢者への声掛けが可能になります。



私たちのSDGsへの取り組み

すべての人に健康と福祉を
----------------------------------------

環境性能に優れた住宅・建築物は人々の健康維持を増進する

・高齢化対策 (2025年には5人に1人が75歳以上の後期高齢者)
・健康寿命の延伸 (医療・福祉予算の軽減、老老介護の軽減)・高齢者が元気な事で、孫の面倒がみれる⇒夫婦で安心して共働きができる
・収入があがる、少子化改善、消費が促される。
・消費が促されれば、雇用創出につながる。
・少子化が改善されれば、職人増につながる。

住み続けられるまちづくりを
----------------------------------------


歳を重ねても車に乗れなくなっても心も身体も健康に住める

・声掛けや見守りができる。古き良き時代の見本。
・地域貢献の活性化。
・歩いて日常生活ができる街。
・住む人の利便性向上になる仲介。

つくる責任 つかう責任
----------------------------------------

建築物の長寿命化、郊外のコンパクトシティの促進

・住みやすい街づくりを応援するための空き地・空き家の有効利用
・住宅の長寿命化により資源の浪費抑制
・住み替えサイクルがスムーズにできる家、街

パートナーシップで目標を達成しよう
----------------------------------------

SDGsやパリ協定等の達成に向けた取組は関係者の連携を強化する

・SDGs達成に貢献する事で、地域に必要とされる企業になる。
・地域に必要とされる企業=働きがいのある企業になる。
・雇用の創出、職人の創出にもつながる。




建てたい

  •  不動産売却をお考えの方

    ▶不動産売却をお考えの方

  •  売却の実績

    ▶ 売却の実績

  •  査定依頼【無料】

    ▶査定依頼【無料】

  • 買取のメリット・デメリット

    ▶買取のメリット・デメリット

  • Suumo掲載中

    スーモ掲載中

  • フェイスブック

    Facebook