築浅物件の売却をご検討中の方

築年数が浅い物件や、高断熱住宅を高く評価いたします!

築浅物件は、設備がまだ新しく、室内の傷みも少ないことが多いため、できるだけ新築時に近い価格で売却したいと思うものです。不動産査定の基準は、「新しいから価値が高い」「古いから価値が低い」といった単純なものではありません。一般的に古いものほど資産価値は下がりますが、築年数や建物の性能は、不動産査定に影響があり、
築浅で、断熱性・気密性・耐震性・省エネ性など、快適に暮らすために必要な性能が揃っている高性能住宅の資産価値は高くなります。

物件を購入されるお客様は、住宅ローンだけでなく、当然のことですが光熱費も支払っていかなければなりません。昨今、電気料金をはじめとした光熱費の高騰が、家計を大いに圧迫している状況となっています。そんな中、わたしたちは性能を高く評価し、根拠のある説明で次の方へスムーズな売却をお手伝いさせていただきます。

売主様から売却希望価格をお聞きした後、成約事例・市場相場に、性能部分を積極的にプラス評価した売却価格をご提示させていただきます。長年、地域密着で不動産業に携わっており、住宅のことを熟知しているスタッフが全力でお手伝いさせて頂きますので、築浅物件の売却をご検討されているお客様はぜひ一度、長和不動産までお気軽にご相談ください。

一括査定された方、他社様で売り出し中だけどなかなか売れない方もお気軽にお問い合わせください。

関連記事

不動産売却をご検討中の方へ
「簡単な無料査定だけでもしてほしい」「話だけ聞いてみたい」など、まずはお気軽にご相談ください。
不動産売却なんでも相談窓口
お客様の「疑問」「不安」に本気の査定・アドバイスでお応えします!
不動産売却の流れ
お客様のご希望に合わせたご提案・売却活動をいたします。お気軽にお問い合わせください。
県外にお住まいの方、離れている故郷【福山・尾道】の不動産相談窓口
お客様と連絡を取り合いながら、離れていても不安のないように対応させて頂きます。
査定を依頼する
ぜひ長和不動産の『無料査定』をお試しください。



  •  長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

    長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

| 売りたい |

  • 画像リンク

    50代60代で「住み替える」「家を建てる」という選択肢

  • 画像リンク

    人生100年時代を健康に年を重ねても暮らしやすい住まいへ。

  • 画像リンク

    健康を第一に考えた住み替え事例

  • 画像リンク

    からだへの負担を最小限に。からだがよろこぶ快適な住まい。

  • Suumo掲載中

    スーモ掲載中

  • 画像リンク

    アットホーム掲載中

  • 画像リンク

    不動産売却・不動産査定ならすまいステップ

  • Instagram

    Instagram

  • LINE公式アカウント

    LINE@公式アカウント

  • フェイスブック

    Facebook