◇◆どうやら空気にも品質があるみたい◆◇

換気扇だけでは、空気を快適に保てません。
シックハウス問題で24時間換気は義務化となりましたが、換気の方法によっては、せっかく快適に暖めたり、冷やしたりした空気を捨ててしまいます。

さらに、換気扇を正しく取り付けて正しく使用しないと、家全体の空気がなかなか綺麗になってくれないこともしばしば。ジメジメした梅雨が終わるとムシムシする夏、天候が変わりやすい秋が過ぎると寒くて乾燥する冬、それが過ぎると花粉の春、と日本の四季はハッキリしている分、家には過酷です。その全てにしっかりと対応した換気を選択することも大切なことです。

窓の結露や押入れのカビは、断熱の悪さだけではなくて、換気不足が原因かも知れません。家の換気も正しく行わないと、結露の原因になることはもちろん空気環境が悪化して、住む人の健康を脅かす可能もあります。

熱を逃がさない換気と、湿度にも配慮することが大切です。
高気密というと密閉された息苦しさをイメージしますが、ファースの家は、床・壁・天井に通気層を設け、さわやかな空気の流れを作っています。

汚れた空気が停滞しないよう、いわば家そのものが呼吸しているのです。室内の汚れた空気は、熱のロスを最小限に抑える熱交換式換気扇で強制排気しながら、新鮮な空気を取り込みます。取り込んだ空気は空気循環用のファンで天井裏から床下へ送られ、床下の蓄熱層を通って外壁部分の内側通気層を循環。各室のレジスターを通って全室にゆきわたります。また、床下の専用調湿剤や天井裏の除湿装置の働きで、湿度管理も万全。

梅雨どきや蒸し暑い夏、乾燥する冬にこそ、ファースの家の真価が発揮されます。換気をしっかり行うには、家の性能にあったものを設置して正しく使う高度なノウハウが必要になります。

他にも、こんな記事はいかがですか?

<前の記事 『断熱するとOK』と言う訳でもないらしい
>次の記事 梅雨時期が快適な生物

記事一覧に戻る


売りたい

  • 説明画像

    不動産売却をご検討中の皆様へ

    売却はいろいろと不安もあると思いますが、私どもが全力でサポートいたします。売主様、買主様双方が安心・安全にお取引して頂けることをお約束いたします。査定依頼や売却のご相談などお気軽にお問い合わせください。

  • 説明画像

    無料査定をご希望の方はこちらから

    ☑まずは簡易査定をしてほしい
    ☑とにかく急いで売却したい
    ☑訪問査定をしてほしい
    ☑来店の予約をしたい
    ☑近所に知られずに売却したい
    ☑家族に知られずに売却したい
    などお気軽にお問い合わせください。

歳を重ねても暮らしやすい住まいのご提案

  •  長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

    長和不動産はSDGsに取り組んでいます。

  • Suumo掲載中

    スーモ掲載中

  • 画像リンク

    アットホーム掲載中

  • フェイスブック

    Facebook

  • Instagram

    インスタグラム

  • 画像リンク

    LINE公式アカウント